アウトドアシーンで使えるウェスタンハットやギア、ネイティブアメリカンのアクセサリーや雑貨を厳選して販売する店です。
意外に知られていない話
ホームウェスタンベルトのサイズを理解しよう

★ウェスタンベルトのサイズについて

〜写真1をご覧ください。

一般的なウェスタンスタイルのベルトはバックルを交換出来ることが前提に作られており、裏側がスナップやビス仕様でバックルが取り外しできるようになっているのが特徴です。

そのため、日本で一般的に売られているベルトと違い、殆んどのものは切ってサイズを調節することが出来ません。

従いましてウェスタンベルトには『サイズ』があります。

長さは全てインチ表示で、ほとんどのメーカーが30、32、34・・・・といった偶数刻みでのサイズ展開で商品を作っています。



 インチとセンチのおおよその換算を下の表にご案内しています。ご覧ください。

1インチ
=25ミリ計算

  70cm75cm80cm85cm90cm95cm100cm105cm

110cm

 28インチ30インチ32インチ34インチ36インチ38インチ40インチ

42インチ

44インチ

1インチ=25,4ミリ計算71,12cm  76,2cm81,28cm  86,36cm91,44cm  96,52cm 101,6cm 106,68cm

111,76cm 


アメリカのメーカーでは「1インチ=25ミリ」で計算しているところと、正確に「1インチ=25,4ミリ」で計算しているところがございます。

そのため、同じ表示サイズを購入してもメーカーが変わると微妙に長さが異なります。ベルトのサイズが1センチ違うと結構巻き心地も変化します。
当店では、入荷の都度検品時にサイズを計測してネットショップへ数値をご案内しておりますので、ご確認ください。

そしてベルト穴1つの間隔は、おおよそ1インチ(25ミリもしくは25,4ミリ)の製品が多いです。





上のサイズ表と写真をご覧ください。



ベルトの表示サイズは、通常バックルの付いている革の端からベルト穴の中央部(ほとんどのものが5つ空いています

ので『3つ目』、まれに3つとか7つなどもありますがその場合は特に表記しない限りそれぞれ中央部である2つ目、4つ目)
までの長さです(写真参照)。

また、最初からバックルの付いているベルトはバックルのフックからベルト穴の中央部までの長さが表示サイズになっています(写真参照)。



レインバードでは、商品の詳細ページにベルト穴の長さなど、全てサイズを測ってご紹介させていただいています。


☆ サイズ選びの注意点


 『お客様に合ったベルトサイズとは、決してお客様のウェストサイズと同じではありません。』

 同じウェストサイズの方でもベルトを締めつけて巻く方とそうでない方で選ぶサイズが変わります。

また最近はベルトを巻く位置もパンツによっては、かなり腰の下の方で巻くデザインも増えましたので、

同じウェストサイズの方でも身に着けるパンツによってベルトサイズを変えなければいけないケースもあります。

そういった事情で、ベルトサイズに関しましては『ウェスト何センチの人はベルトサイズは何センチ』といった単純なご案内は出来ないのです。

では、何を基準にしてサイズを選べばいいのか?不安を持たれる方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、答えは簡単です。

皆さんが普段お使いのベルトを持ってきていただき、普段使うベルト穴までの長さを上の写真みたいに測るだけでOKです。

そしてその長さを上のサイズ表に照らしあわせるとご自身のベルトサイズが判ります。

付け加えるなら、バックルを交換するのを前提にご購入を検討されている方は、やや短めのサイズをチョイスした方がいいでしょう。

ウェスタンベルトのサイズについて

上のバックル裏側部分の写真をご覧ください。

バックルを交換した場合、バックルをベルトに取り付ける金具からベルトにバックルを留めるフックまでの分ベルトの長さが長くなります。

バックルを交換したりしなかったりという方でしたら、ベルト穴の中央部で留まるくらいのサイズをお選びください。


 ネット通販でウェスタンベルトの購入をご検討される方には、これをご覧いただくことで少しでも参考になりましたら幸いです。


レインバード 松岡

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス